ヨガと英語とタイマッサージ

桜上水 女性専用ヨガスタジオ ’Studio Pam スタジオパーム’ 代表。ヨガインストラクターでありタイ古式マッサージトレーナーYUKOのブログです。

0

ITMテーブルマッサージ修了と帰国

早朝5:45に羽田に帰ってきました。

ちょうど通勤時間と重なって、近所の駅をスーツケース引きずりながらガラガラ歩いていると、
前の方から、「お帰りなさ~い」とSフィットネスのメンバーさん。

やっぱり見られてしまったこんな姿、恥ずかしい~。

チェンマイ最終日の昨日もやはり濃密でした!

テーブルマッサージのレッスンのために9:00ITMに行きました。



入ってすぐにこんな足を洗うところがあって、必ず足を洗わないと上がれません。


しばらくして鐘が鳴り、約30人くらいが集まった広い部屋でITMヨガが始まりました。

興奮して一緒に参加すると、すぐにDEW先生が呼びに来て、もうすぐレッスンするから来なさいと言われ、残念ながらすぐに退場。

私たちは時間が無いのでしょうがないです。

今日のレッスン部屋。


最後の復習から、テキストに載っていない特別な技まで教えていただき、終了すると、「写真を撮るから来て」と呼ばれ、広い部屋に行ってみると、各国から集まっているいろんな人種の生徒さんたちが50人くらいチョンコール先生を中心に円く座っていて、

チョンコール先生が立ち上がり、
「日本からテーブルマッサージを習いに来て修了したので、これからその修了証を渡します」と言われ、
私たち一人一人名前を呼ばれ、チョンコール先生から修了証をいただき、写真を撮っていただきました。

最後にオナモ(タイマッサージのマントラ)を合掌して、一番最後の節を、「YOSHIE」と久家先生の名前が呼ばれて、久家先生が言う言葉にみんなが続くという、なんとも感動的圧倒的な場面を体験することができました。

(修了証ってもらえるのかな?)くらいの感覚でいたので、
まったく予想だにしていなかったことに、ただただびっくり、茫然でした。



チョンコール先生と。


ITMスクールの日本人先生お二人と。
お二人とももう8年くらいチェンマイにいらっしゃるのだそうです!


夕方ホテルに戻り、スーツケースを持ってオン先生のスタジオに行き、トークセンの施術を受けました。
トークセンとは、木槌で身体を叩いていく施術で、トントンという音に癒されます。

暑かった一日、ちょうど日が落ちかかった夕方で、扇風機の風が心地よく、3人並んでトントントントン…

これも素晴らしく気持ち良く、半分くらい寝てました。

寝起きの顔。。


この後オン先生が車で空港まで送ってくださり、

道が混んでいて、出発時刻の1時間前に空港に到着したのですが、飛行機も30分遅れて出発。

残ったバーツを使い切るために、チェンマイ空港でお菓子などを買い、

(トランジットのバンコクで買えばよかった)と一瞬後悔したのですが、結局バンコクでは買い物をする余裕は全くなく飛行機に。

羽田まで約5時間、爆睡出来ました。

日本はやっぱり寒いです~~~。

コメント

非公開コメント
My profile

Author : YUKO/ヨガインストラクター

kutaフィットネスヨーガ上級、UTL/TT1、YOGGY/AIC1×2修了
元々あった側湾症のため、ゆがみが目立ってきた身体のために、40代でヨガを始める。
2007年にハタヨガインストラクターの資格を取得後、都内近郊のスポーツクラブやカルチャーセンターにてヨガインストラクターを務める。
2009年から5年間、自身のブラッシュアップのため英語でヨガを教える勉強を始め、アメリカ大使館のコンパウンドにて、プライベートヨガレッスン数名を受け持つ。
桜上水 女性専用ヨガスタジオ
Studio Palm スタジオパーム 代表

YUKO FURUKAWA yoga_cat
ヨガインストラクター 
NESTA-PFT(全米エクササイズ&スポーツ・トレーナーズ協会認定 パーソナル・フィットネス・トレーナー) 
タイ政府認定 タイ古式マッサージセラピスト 
シニアフィットネス・トレーナー
健康管理士1級(一般指導員)

Translation(自動翻訳)

検索フォーム

QRコード

QRコード